自己紹介

自分の写真
横浜市, Japan
プロテスタントのクリスチャン。夫とは教会で知り合いました。子どもは長男・長女の二人。そして犬一匹のクリスチャン・ホーム。

2010年6月2日水曜日

音楽の授業


我が家の子どもたちは神奈川県にあるチャーチスクールへ通っています。
そこは教会付属小学校。。。とでも言いましょうか、聖書に基づいた教育を実践している学校で、文科省からは全く認可されていません。
校長先生は私と同じ年齢の女性牧師です。ご主人も一緒に学校専属牧師として牧会をしながら奥様と学校に携わってくださっています。
そして、先生たちは学校に通う生徒たちのお母さんたちと、その教会の副牧師先生や伝道師と教会員の方々です。本当にみなさん、自分の子ども以外にも愛情を注いで、熱心に教育してくださり、心から感謝です。
そこで、私も「教師」はできないけど何かお手伝いできないかなと思い、2年ほど前から音楽の授業をサポートしています。
はじめは音楽を担当してくださっている牧師先生が中心に、授業をすすめていてくださったのですが、今年からは1学期だけは私が全面的に担当することとなり、毎週火曜日・午後1時から3時までの2時間、3コマを受け持っています。
これが、とても大変です。
私も専門家ではないので、子どもたちに教えることに限りがあり、毎週頭を悩ませています。
子どもたちには、専門家でもない私が教えることが申し訳なく思うのですが、いったん引き受けた以上、責任もありますから手を抜くことなく、なんとか神様に支えられつつ授業を担当させていただいています。
前に立ってみて、乗りの悪い子どもたちを通して、私も学生時代にはこんなだったな〜〜〜と40代にして反省させられるのであります。。。。。
きっと、教えてくださっていた先生方も、私の様な生徒のために一生懸命準備されていたんだろうな〜〜と、今更ながらちゃんと受けなかった自分を「罪深い」と感じています。

お名前も忘れてしまいましたが、私を教えてくださった先生方、ありがとうございました。
「親の心、子知らず」
今まさに、私が逆の立場に立たされているのであります。。。。。